テレビで紹介された生活習慣病を予防する健康食材とレシピを紹介する健康専門ドットコム

スポンサードリンク

梅干しで風邪予防!【カゼ予防、疲労回復、免疫力アップ、抗菌作用】

南高梅(なんこううめ)の産地の和歌山県みなべ町の人たちは、
カゼ予防などのために毎日梅干を1〜3個食べると言います。
また、カゼ対策には梅肉エキスを活用しているんですって。

 

 

また、産地の人は、梅干を漬けた液の梅酢を使ったうがいを
していると言います。

 

 

外出から帰ると、梅酢を7〜8倍の水で薄めて、うがいをする習慣が
あるんですって。

 

 

梅酢は梅干と同じく強力な殺菌効果があります。
地元の方は十年ほど前から学校、幼稚園などでもこの習慣で、
カゼ予防に効果を上げていると言います。

 

 

水で薄めた梅酢は、透き通った鮮やかなピンク。
そして、酸っぱさと塩辛さが一緒になって、味わいが爽やかなんですって。
うがいをすると、気持ちもシャキットすような感じだそうです。

 

 

梅の塩分が気になる方は、みなべ町の方が作っていらっしゃると言う「梅びしお」。
水で梅干を塩抜きし、塩分カット。

 

練り梅のような調味料で、パンに塗ったり、納豆にかけたり、
肉料理のソースに。

 

和歌山県みなべ町の産地の方の伝統的な梅の使い方でした。

 

 

 

紀州南高梅 丸福本舗

 

 

砂糖を多く加えて煮詰めてもおいしそうです。
カロリーが気になる方は、砂糖なしでもOK。

 

 

【「梅びしお」の作り方 】

材料:梅で漬けた梅干し500g、みりん大さじ1」

 

作り方:
梅干は、夏は水、冬は30度ぐらいのお湯に6〜8時間つけて
塩抜きをします。
水気をよくふき取って、種をとって裏ごしします。

 

ホーロー鍋か、土鍋にいれて、混ぜながら弱火で約20分煮て、
水分を飛ばします。

 

ジャム状になったらみりんを加え、照りを出します。
よく冷ましてから瓶に入れて冷蔵庫で保管です。
早めに食べきるようにしましょう。

 

 

梅干(梅エキス)の3大効果。

 

○疲労回復
 梅に含まれる、クエン酸、リンゴ酸、などの8種類の有機酸により、

 

 疲労の原因の乳酸を消し、エネルギーを生みさす効率を高めるため、
 疲労が溜まりにくくなると言います。

 

○抗菌作用
 梅に含まれるシリンガーレシノールにより、

 

 食中毒の原因となる、黄色ブドウ球菌などの
  細菌の増殖を抑え強い抗菌力が確認されいます。
 細菌感染などによって起こる肺炎などのリスクを下げます。

 

○免疫力アップ
 梅肉エキスの中の複数の成分(未特定)により

 

 マクロファージなどの免疫細胞を活性化
 させるため、免疫力が上がります。

 

 

栄養は、毎日バランスよく食事から。
バランスのとれた食事と適度の運動。
ストレスを溜めないように。

 

 

そして、毎日、健康で、元気に。
生活習慣病予防改善は、毎日の食材から。

 

ですね。

 

 

 

 2006年9月9日 日本経済新聞


スポンサードリンク

梅干しで風邪予防!関連ページ

梅干し効能もりもり!
生活習慣病を予防改善する食材を中心にガンと免疫強化に役立つ梅干し効能を紹介します。
サケの頭煮汁で免疫力強化
生活習慣病を予防改善する食材を中心にガンと免疫強化に役立つ食材を紹介します。
モンブランで免疫力向上
生活習慣病を予防改善する食材を中心にガンと免疫強化に役立つモンブランを紹介します。
白菜で、免疫力アップ!
生活習慣病を予防改善する食材を中心にガンと免疫強化に役立つ食材を紹介します。