テレビで紹介された生活習慣病を予防する健康食材とレシピを紹介する健康専門ドットコム

スポンサードリンク

昆布で間食シャットアウトする!

昆布は小腹が空かなくなり、間食をシャットアウト!

 

小腹すいて間食を食べる。
小腹が空かなければ間食を取りませんね。

 

どのようにして「小腹」空いてくると思います。
食べたものは、胃で消化され腸へ。
腸で食べ物をブドウ糖に分解。そして血中へ。

 

この血中のブドウ糖の量が、「血糖値」。

 

 

この血糖値の量によって、脳が満腹感や空腹感を伝達。
血糖値は、食事をとるとどんどん上昇し、満腹感が発生。
反対に少しづつ消費され、あるレベルを下ると空腹感が発生。
コレが「小腹」が空いてくる状態だといいます。

 

 

この血糖値の下降を緩やかにする状態を
「食事に適度な脂質が含まれると、糖の分解が遅くなり、
血糖値がゆっくり下がると言います。」

 

 

脂質は腸内で食物を包み込み、ブドウ糖への分解を
遅くする働きがあります。
その為、糖が血中に出るのが遅くなり、
血糖値がゆるやかに上昇しゆっくり下降。

 

 

カロリーオーバーにならない範囲で、脂質をとり、
間食しない方が、太りにくいと言う事ですね。

 

    実践女子大学 生活科学部 教授 田島眞 先生

 

 

 

 

さらに、血糖値の下降を緩やかにし、小腹がすくのを
遅らせる食材は。

それは・・・・・・「昆布」でした。

 

 

 

 

 

「昆布に含まれる

『水溶性食物繊維』
は、血糖値の下降を、
緩やかにするそうです。
昆布のヌメリ、水溶性食物繊維が腸にゼリー状の膜を張り
血中への糖の吸収を遅らせます。

 

 

そのため、血糖値が緩やかに上り、ゆっくり下降。
水溶性食物繊維は、海藻類に多く含まれると言います。

 

この昆布で、出汁をとったうどんやご飯が、血糖値の下降を
緩やかにして、小腹のすき具合を遅らせます。

 

 

適度な脂質と、水溶性食物繊維を上手く取り入れて
小腹が空かなくなり、間食とサヨナラ。
そして、ダイエット効果も期待!!

 

たとえば毎日食べるご飯にこんな工夫を。
ダシ昆布を10cmに切り、水とお米と一緒に2時間ほどつける。
そうすると、 水溶性食物繊維がどんどん溶け出します。
あとは一緒に炊くだけ。

 

 

昆布の水溶性植物繊維が血糖値の下降を緩やかにしてくれるんですね。
昆布は、小腹がすくのを遅らせる食材。
そこで、昆布で、らくらくダイエットでした。

 

 

栄養は、毎日バランスよく、食材から
バランスのとれた食事と適度の運動、そしてストレスを溜めないように。

 

毎日、健康で、元気に。

 

生活習慣病予防改善は、毎日の食材から。

 

そして、みなさまの毎日にいっぱいいいことがありますように。

 

 

水溶性食物繊維はこちら

 

 

最新情報&更新情報

 

恵比寿 アンチエイジングクリニック
栄養学博士 管理栄養士 伊達友美先生
2007年2月5日 おもいッきりテレビ参照

 


スポンサードリンク

昆布でデトックス関連ページ

小腸をきれいにして、がん予防、肥満改善
生活習慣病を予防改善する食材を中心にデトックスに役立つ食材を紹介します。
快便力をつける!
生活習慣病を予防改善する食材を中心にデトックスに役立つ食材を紹介します。
味噌汁のダイエットパワー
生活習慣病を予防改善する食材を中心にデトックスに役立つ食材を紹介します。
血液サラサラ効果
生活習慣病を予防改善する食材を中心にデトックスに役立つ食材を紹介します。